低酸素海域の拡大を抑えるために

国際自然保護連盟の調査によると、農業の化学肥料や工業用水による窒素・リンの流出汚染に加え、温暖化によって海水に溶け込む酸素が減っており、海の生物の大きな脅威になっているようです。

「低酸素海域をこれ以上拡大させないためには、温室効果ガスの排出と農業等由来による海水の富栄養化(窒素・リンの増加)を、断固として抑えなくてはなりません」
“To stop the worrying expansion of oxygen-poor areas, we need to decisively curb greenhouse gas emissions as well as nutrient pollution from agriculture and other sources.”

記事はこちら