はじめて海と魚の問題を学ぶ人に

魚が食べられなくなる日
勝川俊雄著
小学館 刊(2016)

あんなに大きかったホッケがなぜこんなに小さくなったのか
生田與克著
角川学芸出版 刊(2015)

漁師と水産業 漁業・養殖・流通の秘密
小松正之著
実業之日本社 刊(2015)

魚のいない世界
マーク・カーランスキー 著/高見浩 訳
飛鳥新社 刊(2012)

少し理解が進んだ人に

漁業という日本の問題
勝川俊雄 著
NTT出版 刊(2012)

ウナギとマグロだけじゃない! 日本の海から魚が消える日
小松正之 著
マガジンランド 刊(2014)

乱獲 漁業資源の今とこれから
レイ・ヒルボーン、ウルライク・ヒルボーン 著/市野川桃子・岡村寛 訳
東海大学出版部 刊(2015)

結局、ウナギは食べていいのか問題
海部健三 著
岩波書店 刊(2019)

もっと深く学びたい人に

日本の水産資源管理 漁業衰退の真因と復活への道を探る
片野歩・阪口功 共著
慶應技術大学出版会 刊(2019)

鮭鱸鱈鮪 食べる魚の未来
ポール・グリーンバーグ 著/夏野徹也 訳
地人書館 刊(2013)

『食の未来のためのフィールドノート』(上巻下巻
ダン・バーバー 著/小坂恵理 訳
NTT出版 刊(2015)