シラスウナギの漁獲量の減少について

1960年代に230トンを超える採捕量があったシラスウナギ(養殖用の稚魚)。4月の終漁を前に、今シーズンは3月末時点で3トン未満と、過去最低記録を更新する見込みだそうです。 ニュースはこちら

低酸素海域の拡大を抑えるために

国際自然保護連盟の調査によると、農業の化学肥料や工業用水による窒素・リンの流出汚染に加え、温暖化によって海水に溶け込む酸素が減っており、海の生物の大きな脅威になっているようです。 「低酸素海域をこれ以上拡大させないために … Read More

1 3 4 5 6