Chefs for the Blueとは

Chefs for the Blueとは、フードジャーナリストと東京のトップシェフ約30名を構成メンバーに、2017年に立ち上がった料理人チームです。NGOや研究者、サステナブルシーフードを専門とするコンサルティングファーム、政府機関などから学びを得ながら、持続可能な海を目指した自治体・企業との協働プロジェクトやフードイベントなど様々な活動を行っています。

図

団体概要

法人名
一般社団法人Chefs for the Blue
(シェフス フォー ザ ブルー)
設立年月日
2018年6月6日
コックさんの日(活動開始は2017年)
住所
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-7-13
東急アパートメントB1
代表理事
佐々木ひろこフードジャーナリスト
日本で国際関係論を、アメリカでジャーナリズムと調理学を、香港で文化人類学を学び、企業勤務ののちフリージャーナリストに転向。食文化やレストラン、食のサステナビリティ等をテーマに雑誌、新聞、ウェブサイト等に長く寄稿している。ワールド・ガストロノミー・インスティテュート(WGI)諮問委員。
理事
岸田周三「カンテサンス」 オーナーシェフ
日本とフランスで修業後、パリ「アストランス」(三つ星/当時)のスーシェフを務める。帰国後2006年に「カンテサンス 」(東京・品川)のシェフに就任し、一年後の2007年、「ミシュランガイド東京」で三つ星を取得。以降14年間にわたり維持しており、2021年度版では初代となる”グリーンスター”を得る。
石井真介「シンシア」「シンシアブルー」オーナーシェフ
日仏で修業後、2008年より東京・渋谷「レストラン・バカール」のシェフとして超人気店に育てる。2016年4月に同・北参道「シンシア」を立ち上げ、2018年より「ミシュランガイド東京」一つ星(2021年度版”グリーンスター”)。2020年9月には、サステナブルシーフードに特化した「シンシアブルー」もオープン。
米澤文雄「ザ・バーン」エグゼクティブシェフ
東京での修業後NYに渡り「ジャンジョルジュ」(三つ星)で日本人初のスーシェフに。2014年より「ジャンジョルジュ東京」のシェフを務め、「ミシュランガイド東京」の一つ星取得。2018年9月、東京・青山「ザ・バーン」のシェフに。食のサステナビリティや課題解決に幅広い知見を持ち、国内外で精力的に活動中。
花岡和佳男「シーフードレガシー 」代表取締役社長
フロリダの大学で海洋環境学及び海洋生物学を専攻。卒業後モルディブやマレーシアで海洋環境保全事業に従事し、2007年より国際環境NGOへ。2015年7月に株式会社シーフードレガシー を設立し、CEOに就任。国内外の様々なステークホルダーを繋ぎ、日本の環境に適った国際基準の地域解決デザインに取り組む。

チーム

  • 梅原 陣之輔(八雲茶寮)
  • 石井 剛(モノリス)
  • 杉田 孝明(日本橋蛎殻町すぎた)
  • 岸田 周三(カンテサンス)
  • 松本 一平(ラ ペ)
  • 浜田 統之(星のや東京)
  • 綿貫 安秀(後楽寿司 やす秀)
  • 石井 真介(シンシア)
  • 田窪 大祐(タクボ)
  • 林 亮平(てのしま)
  • 原田 浩次(パーラー江古田)
  • 清水 崇充(ロー)
  • 田村 亮介(慈華)
  • 後藤 祐司(メログラーノ)
  • 後藤 祐輔(アムール)
  • 平 雅一(ドンブラボー)
  • 橋本 正平(鰻 はし本)
  • 太田 哲雄(ラ・カーサ・ディ・テツオ・オオタ)
  • 中村 和成(ラ・ボンヌ・ターブル)
  • 米澤 文雄(ザ・バーン)
  • 辻 大輔(コンヴィヴィオ)
  • 川田 智也(茶禅華)
  • 室田 拓人(ラチュレ)
  • 大土橋 真也(クラフタル)
  • 中村 拓登(サーモン&トラウト)
  • 田村 浩二(Mr. CHEESECAKE)
  • 遠藤 記史(恵比寿 えんどう)
  • 森枝 幹(チョンプー)
一覧ページへ

以上のチームで、日本の豊かな海と食文化の
未来のために活動しています

私たちの危機意識とゴール