法律が変わり、証明書がない魚は流通できなくなる?

約2年内に、「アワビやアマコなど密漁が多い水産物や、一部輸入水産物の取引に産地証明書が必要になる」という先日の報道の解説記事です。問題の背景をていねいに解説されています。 記事はこちら

『中国新聞』に掲載

【11/15 中国新聞にコラムが掲載されました】 C-Blueの佐々木がコラムを書かせていただきました。(転載の許諾をいただいています)

水産資源保護へ新規制 農水省、取引に産地証明

アワビやナマコなど、密漁が多い魚種と一部の輸入水産物について、取引には産地証明書が必要になるようです(来年に法案提出、可決後2年以内に運用)。 今後もしこの方針が日本で獲れる全てのサカナに対応し、トレーサビリティが取れる … Read More

ナイキが北極海航路を利用しないことを宣言

温暖化により、海にさまざまな悪影響が出ていますが、北極海航路の開通というもうひとつの脅威が目の前にあるようです。 ナイキはNGOオーシャン コンサーバンシーと連携し「アークティック・シッピング・コーポレイト・プレッジ(北 … Read More

第一回ジャパン・サステナブルシーフード・アワード

毎年秋に開催されている、東京サステナブルシーフードシンポジウム。今年はじめて導入されたのは、「ジャパン・サステナブルシーフード・アワード」です。持続可能な水産業推進の立役者として活躍する企業や取り組みを表彰するこのアワー … Read More

『STRIPE DEPARTMENT』に掲載

2019年9月13-14日、渋谷のホテル・コエに行われた、ストライプデパートメント様のリアルイベント。様々なトークショーが行われたなか、Chefs for the Blueも登壇させていただきました。 テーマは「これから … Read More

1 2 3 4 5 9

子供たちに豊かな食を経験してほしいから